スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「残念、無念の一言」=長官銃撃時効で幹部-警視庁(時事通信)

 国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件で、殺人未遂罪の公訴時効を受け、警視庁の捜査幹部は30日、「残念、無念の一言に尽きる。ただそれだけだ」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
「教団思想と合致」=長官銃撃で上祐前代表
警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず

<不時着水事故>原因は排ガス漏れで火災 08年・長崎(毎日新聞)
新党ラッシュの春!? 公選法「保護」5月2日まで (産経新聞)
「建築界のノーベル賞」に妹島・西沢氏(読売新聞)
<掘り出しニュース>「どうぶつしょうぎ」女流棋士が指導(毎日新聞)
普天間移設先、米・沖縄県に2案を正式伝達(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。