スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉大生殺害、現金引き出し男「自分が刺した」(読売新聞)

 千葉県松戸市の千葉大園芸学部4年荻野友花里さん(当時21歳)殺害・放火事件で、荻野さんのカードを盗んで現金を引き出したと供述している住所不定、無職竪山(たてやま)辰美被告(48)(強盗強姦(ごうかん)未遂罪などで起訴)が、「荻野さんを自分が刺した」と殺害への関与を認める供述をしていることが14日、捜査関係者らへの取材で分かった。

 松戸署捜査本部は供述に基づき、血の付いた包丁を発見した。荻野さんのマンションの部屋に「火をつけた」とも話しているという。

 関係者らによると、竪山被告は最近になって「自分がやった」と供述を始めた。マンション2階の荻野さんの部屋に「ベランダから物取りをしようと侵入した。荻野さん本人が帰ってきたため、刺した」と話しているという。一方で、殺意について否定するような話もしている。

 荻野さんの部屋から出火した火事についても、「翌日、部屋に戻って、自分で火を放った」と話している。

 また、捜査関係者などによると、竪山被告は荻野さんのマンション近くにある「千葉大施設付近に包丁を捨てた」とも供述を始めた。捜査本部が捜索し、血の付いた包丁を供述の通りに見つけた。

 捜査本部は、包丁に付着した血液の鑑定などを進め、荻野さん殺害との関連を詳しく調べる。

 捜査本部によると、荻野さんは胸などを片刃の刃物で刺されて殺害され、昨年10月22日、部屋を全焼する火事があり、遺体で発見された。

しんいちのブログ
人生は奇なり
マルチ競馬
さかきのブログ
Thanks
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。